日本人_難民。

最新ヘッドライン!

好きな子に告白したら人生狂ったっぽい。目の前だ泣き出し、「私ね、実は…」と、壮絶で重過ぎる告白をされた…①

その②はこちらです

好きな子に告白
1: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 00:57:20.58 ID:Pmlt1xtb0
好きな女に告白したら人生狂ったwww

立ったかな?

↓↓↓ピックアップ↓↓↓

【意味不明】エレベーターの開くボタンを押して、オレをチラ見する女。『あの、早く降りてくれませんか?』と…意味が分からず無視していると…

【へこむ…】息子から『冷凍食品チソチソ』という汚名を付けられてしまった。友達の家は運動会に、10段の弁当箱を持ってくるらしく、その中身が…

【タヒんでくれ…】激務続きの月末の社内、新人社員が床でゴソゴソ…『何やってんの?』と聞いた、次の瞬間フロア全体が絶望に包まれた…

【震える…】趣味の渓流釣りで山に入ったら、ある物体と遭遇してしまった。K察に届ける手間を想像したら、面倒だったのでスルーすると…

【晴れの日なのに…】式場の火災報知機をライターで炙った新郎友人。当然、スプリンクラーが作動し、ずぶ濡れになった新郎新婦と親族は…

【毒息子】共働き&家事をする私に、息子は『働かせてもらってるんだから親父に感謝しろ!』と暴言を…私は娘だけを連れて家を出た。

【絶望】ウチ(貧乏大家族)の長男と裕福な家庭の一人っ子が取り違えだった。本当の兄は我家を見て、『こんなの人の生活じゃない!』と…

【秘技!】『子供産め産め!』と無神経に迫ってくる老害を、一発で黙らせる技を身に着けたw今のところ黙らせ率は100%!!

【説教!】婚姻届を出すために、母に戸籍謄本を取ってもらった。持ち帰って書類を確認すると、その内容に唖然とした…

【復讐】出産すると、義実家に子供を奪われ離.婚した。、その子の本当の親は、出会い系で知り合った他人なんだけどねw

【激闘】託児を押し付けられ、マンションの廊下で放置子を尋問をし始めた住人。見かねた他の住人が飲み物を与えようとすると…

【気の毒…】新郎と実妹の気持ち悪すぎる兄妹愛を見せつけられ、高砂の新婦は凄まじい表情でシャンパンを飲んでいた…


好きな女に告白したら人生狂ったwww http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1346342240/

2: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 00:57:55.58 ID:Pmlt1xtb0
1ははじめてのスレ立てです、よくわかっていないことが多々ありますのでご了承ください
話自体がものすごく長いですマッタリ書いていきますのでよかったらお付き合いください
質問にはなるべく答えていきますが
特定されたくないので答えなかったりスルーしたりする場合があります
釣りではありませんが話の所々盛ってる部分があります
書き溜めがありますのである程度はサクサク行くと思っています
では書いていこうと思います、長丁場になりますがよかったらお付き合いください

3: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 00:58:13.14 ID:IwcB4Qgx0
見ているよ

4: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 00:58:34.02 ID:Pmlt1xtb0
1 スペック 身長170 体重57Kg 細マッチョ ややイケてる?
当時22バンドをやってるベース、ギターどっちもやる
イチローに輪郭とヒゲの生え方が似ている(顔は全く違うw)ので いっくんとします
彼女 身長150ギリあるかないか 体重は知らんがポッチャリ一歩手前w
むくれたりするとぽっちゃりするw当時23 胸が大きかったEカップ
ジュディマリをよく聞いていたのでユキちゃんでいきます

6: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:00:19.30 ID:Pmlt1xtb0
出会いは夏だった、食料品の配達をしている時に配達先のパン屋?
みたいなパンとか食材売ってる店だった
気さくな彼女は話す時間があれば仕事中でも話をしてくれた
それもあってすぐに仲良くなれた

7: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:01:19.51 ID:Pmlt1xtb0
当時彼女と別れてフリーだった俺は彼女に惹かれていった
出会ってから1ヶ月もしないうちに連絡先をGETし2ヶ月目には遊びにいかない?
とデートにこぎつけることができたスゲー嬉しかったw

はじめのデートは動物園にいった、道中迷ってしまったが彼女は怒ることなく付き合ってくれた
このころから彼女の優しさというか一緒にいて落ち着く感じが好きだったんだと思う

8: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:01:56.47 ID:Pmlt1xtb0
たわいもないデートが多かった、映画好きだったので一緒に映画を見ることが多かった
レンタルビデオ借りては我が家で視たり、映画館行ったり
家に来たから色々OKかな?と思っていたがガードは硬かった
まぁ我が家は親と住んでいたのもあるんだが

アクティブに遊ぶことは少なかった、体を動かすのは苦手だったらしいw
ただライブとかは見に来てくれた。
地方なので車で遊びに行くことが多い
なので・・・まずは車で迎えに行って映画館で映画を観て食事して帰宅とか
車で迎えに行く、レンタルで映画借りて視る、弁当食う(HOT MOTTOとかね)マッサージする
とかが大体いつものデート

9: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:02:46.32 ID:Pmlt1xtb0
時整体業をやってた俺は彼女を良く揉んだり骨鳴らしたり(軽目の矯正までしないやつ)
「イタイ!イタイ!」と言ってよく俺を興奮させたw勃起したw

整体とかあんま(マッサージ)は女の子の体を触るのに便利で「疲れてるんじゃない?」といい
揉むことができる!!が・・・本気でコリをほぐそうと思うと女だろうが男だろうが関係なくなってくるw
ただ上手くなるとこっちの言うことを信用してくるので胸を触ることができる

10: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:02:54.29 ID:T0/gL3cp0
この読み難さは異常

11: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:04:31.47 ID:Pmlt1xtb0
もうちょい短く文章区切ったほうがいい?

17: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:08:31.79 ID:Pmlt1xtb0
スマンw

どうするといいかな?

行間開ける方がいいのかな?

20: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:12:29.97 ID:Pmlt1xtb0
了解 リクエストあったら言ってください、なるたけ読みやすくします
短くするのはちょっと勘弁してください
では

サプライズな演出をするのが好き

(と言っても誕生日やクリスマスにプレゼント購入するとかくらいだが)

な俺は情報を聞き出してプレゼントしようとおもった


21: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:13:17.31 ID:Pmlt1xtb0
マッサージしながら色々聞き出した

誕生日は7月後半、PINGUとかペンギン好き、

漫画はサンデー系作品好き、父親と二人で暮らしてるが仲は良くないらしい、

母親はどうも他界したらしい、姉がいるが結婚して家を出てる、

HOT MOTTOとかの「のり弁」好き、ケーキが好き、紅茶が好きetcいろいろ聞き出した

22: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:15:01.57 ID:Pmlt1xtb0
まぁ必要な情報は何が好きか?といつ誕生日か?

がメインなんだが情報はあって損しないので色々聞いた、好きになった子だから色々知りたくなってたのもある

あっという間に半年が過ぎクリスマスになった、

デートに誘えば大体OKしてくれるし、合わなければ時間を作ってくれたりしたのもあり(二人とも休みが不定休だったので)

彼女は俺のこと好きでいてくれてるんじゃないかな?と思ってたので告白して恋人にしたかった

23: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:15:03.28 ID:s1NdPHde0
ややイケてるwwwwwww
自分で書く奴にたいていイケてる奴はいない

25: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:16:09.08 ID:7b8bR4Gz0
改行し過ぎワロタ

26: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:16:15.36 ID:Pmlt1xtb0
>>23
サーセンw それじゃ普通の人に脳内変換しておいてw

28: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:18:44.98 ID:Pmlt1xtb0
改行しすぎだなw
確かに読みづらい、ご迷惑おかけします


そんなわけで正直勝算は結構高いと思ってたw
聞き出した情報からPINGUのぬいぐるみをプレゼントして告白すれば完全に
「俺の勝ちだ!!」と思ったのでw雑貨屋でPINGUを購入しデートに誘った

29: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:19:28.20 ID:Pmlt1xtb0
いつものように車でお迎え→映画→食事→帰宅の流れだった
ただ勝算は高いと言っても確定ではないので
食事前に告白→撃沈→気まずい空気の食事
となることを恐れたチキンな俺は彼女を家に送り
その最後でプレゼントを渡して告白しようと思ったw

32: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:20:51.80 ID:Pmlt1xtb0
車で送り何気ない会話しながら機会を伺った
1「いつもありがとね、今日クリスマスだからたいしたもんじゃないけど・・・」
とPINGUのぬいぐるみを渡した
  ユキ「ありがと~うれしい~」
まったりとしゃべる子だったから語尾が少し伸びる、反応も悪くない、よしココだ!!

33: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:22:18.27 ID:Pmlt1xtb0
だがイザって時に言葉は出てこない、
今まで女の子から告白されることはあってもこちらから告白したことはない俺は
どうしていいかわからなくなった。

   1「これから予定とかある?」
   ユキ「ん?別にないけどあんまり遅くなると明日キツイかな」
   1「だよね、・・・ちょっと・・・時間もらっていい?」
   ユキ「いいけど、どうしたん?」
彼女も流石にこちらの緊張に気づいたのであろう、少し身構えた感じになった
そんな空気になった

34: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:23:11.23 ID:Pmlt1xtb0
告白っていうのは本当に勇気がいる、この時点で言わなくてもいいんじゃないかな?
押し倒しちゃってヤっちまえば流れで・・・なんて考えもしたけど、チキンな俺には無理なプランだw
なにより彼女のことが本当に好きだったのでちゃんとしたかった

   1「あの・・・さ」
   ユキ「・・・うん?・・・」
   1「なんていうかさ・・・」
というやり取りをしながら運転席から助手席に座ってるユキちゃんは本当に可愛く
まともに顔を見れなくなった俺は彼女の手を取りそこに突っ伏した

35: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:24:13.71 ID:Pmlt1xtb0
 1「俺、ユキちゃんのこと・・・すきだ・・・つき・・・あって・・・・くれない・・・かな?」
チキンな俺は彼女の手を握り突っ伏したままちょこちょこと小出しに告白した
しかし返ってきた答えは意外なものだった

まず第一声から予測の範囲外だった
  ユキ「えぇ~!?」
どうも告白されることを想定してなかったポイ反応
さらにそんな反応を想定してない俺がさらに
  1「えぇ~?ってなによw?」
と拍子ぬけたw今までの空気は一体何よw

ユキ「いやいっくんが私のことそこまで好きだとは思わなかった・・・」


  1「あ~そうなんだ、結構思いっきり好きでさ・・・できれば付き合いたいんだ・・・」
反応が意外だったから緊張もブッ飛んだw

36: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:25:40.51 ID:Pmlt1xtb0
だから今度はすんなり目を見て聞けた
否定的、無理みたいな反応じゃなかったからかもしれない

   ユキ「・・・・・・・」
彼女は悩んでいた
   1「・・・いや無理なら無理でいいよ・・・気を使わないで・・・」
俺はこの時点で諦めてた、というか今までの関係がこれ以上崩れるのが嫌だった
付き合えないなら今までどおり遊べばいいと思ってたからだ
彼女はさらに意外な答えを出してきた
   ユキ「返事はちょっと待って欲しい・・・」

39: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:27:38.07 ID:Pmlt1xtb0
  1「をぇい?」
人間意外なこと言われると変な言葉が出てくるもんだw
これまた想定外だった
待ってと言われるとは予想だにしてなかった


   1「それは、今断るのがかわいそうだから後回しにしてるの?だったらサクっと断っていいよ」
   ユキ「違うの、真面目に悩んでるの・・・いっくんといると楽しいし、優しいし」
   1「fm・・・んじゃ、俺のことが嫌いなわけじゃないのね?」  
   ユキ「・・・うん」
   1「けど答えは出ないのね?」
   ユキ「今は答えがでないの・・・」

41: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:28:31.41 ID:Pmlt1xtb0
正直ここで答えが欲しかったが彼女が答えを出せないんじゃどうしようもないし
断られても嫌だからおとなしく待ってみようと思った
   1「わかったよ、まってるよ」
   ユキ「ごめんね、早く答え出すから・・・」

何かあるとは思った、だが正直何があるかはわからなかった
俺はすぐに答え出るだろーw
と楽観視していた、しかも俺と付き合うだろうと思ってたw

これが二人で過ごした初めてのクリスマス

44: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:29:48.67 ID:Pmlt1xtb0
年が明けた
年末年始っていうのは運送業や食品業はあんまり休みがないので
会うに会えない日が結構続いた、ただそんな中でも連絡はとっていた
年が明けて俺にはものすごい疑問が出た
「返事ってどれくらい待てばいいんだろう」

1週間経ったし、そろそろ聞いてみるか!
だがしかしこれを聞くにはかなりのリスクを背負い込む
ダメ→会えなくなる を恐れた俺はなかなか聞き出せないでいた

49: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:32:08.48 ID:Pmlt1xtb0
そんなヤキモキがあって1月ももう後半になってきたある日
いつものようにデートしたあとに聞いてみた
聞いてみたというより聞かずにはいられなかったほど答えが欲しくなったのだ
「それに彼女がわすれてるんじゃねぇか?」
というほど今まで通りの振る舞いだったのもあるかもしれない
1「ねぇユキちゃん、俺クリスマスに言ったことって、おぼえてる?」
   ユキ「・・・うん、忘れてないよ、大丈夫」
 1「答え、まだ出てないの?」
   ユキ「・・・ごめんね・・・」
   1「そっか、けど忘れてないなら良かったよw」
   ユキ「ちゃんと答えは出すよ、だから待って欲しい、私からちゃんと答え出すから」
   1「わかった、まってるよ」
こうして俺はさらに待たされるのであった

51: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:33:07.35 ID:Pmlt1xtb0
3月、彼女は仕事の関連で東京に1週間研修に行くことになった
俺は東京は地元ではないが少し行ったことがあったので研修中に東京で遊ぼう、という話になった

こちらの思いは募っていた、待たされてる分余計に募ったんだと思う
ユキちゃんを恋人にして~~~したい、みたいな思いがごっちゃごっちゃしてた、
そしてもうそろそろ答え出てるんじゃね?という時期でもあった
そんな思いを押し殺しながら会っていた
なんといってもこちらからもう答えを聞くことができないので困ったものだった

53: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:33:38.66 ID:Pmlt1xtb0
   1「東京でなにする?」
   ユキ「ん~別になんでも~」
   1「いつもみたいに映画じゃ面白くないんじゃない?」
   ユキ「研修中だし、時間もきついし映画でいいよ~」
   1「みたいのあんの?」
   ユキ「うん!」

当時お金があったわけではなかったので彼女が俺に気を使ったかもしれない
一応デート代金は俺が全て出してたのでそれも気を使ったのかもしれない

そして東京でいつもの流れのデートをした
会う→食事→映画→話す→解散 の流れだ
だがここで事件が起きる

54: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:33:56.26 ID:7F/ftAZp0
1頑張れー 見てるぞ

56: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:34:36.42 ID:Pmlt1xtb0
彼女が見たかったのはミステリー映画だった
映画にこだわりがない(ミュージカル以外なんでもOK)な俺は「いいよー」
とあっけらかんにOKした
事件は映画を観終わった後おきた

待たされるって結構キツイ、1ヶ月も待てば答え出るじゃねーか!?
そう思った俺はここがいい機会だと思ったので聞いてみることにした

人間不思議なもので何回かやると物事になれる、
2回聞くのも3回聞くのもおんなじだw

ここでも俺は楽観視してた、好きでもないやつ研修先でわざわざ会うことはないだろうし、
雰囲気も悪くなかった、むしろ俺の何が悪いの?
照れてるのかな?wくらいの気持ちだったw

58: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:35:47.24 ID:V5QEO2IoP
wktk
読んでるぞー

60: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:36:21.35 ID:Pmlt1xtb0
>>54
ありがとうございます、読みづらくない?
なんかあれば言ってください
続き

映画が終わったあとふとした会話をしながら席を立った
   1「まーまーだったねー」
   ユキ「そだねー結末予想できちゃったしw」
彼女の先を歩きながら何気ない会話が途切れたあと
   1「ねぇ、そろそろ答えって聞いてもいいのかな?」
と訪ねてみた
   ユキ「・・・・・」

俺は彼女が俺の言葉を聞いていないのか、聞こえていなかったのかわからなかった
だが彼女の顔を見て聞こえていたことはすぐに理解できた

彼女は静かに泣いていた
理由は全くわからない、だが静かに泣いていたのだ

64: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:37:19.66 ID:Pmlt1xtb0
 1「!!!????!!???!!??!!??」
頭のなかはこんな感じだった、まさしく「何がなんだかわからない!!」
という状況、通常なら勃起するシチュだったがw
今回はちょっと違った・・・

だが返答にはなった、「ダメなんだな・・・」心でそう思った
これにはかなりショックだった、彼女のその状況を見てOKと思う奴はいないだろうw

んじゃ研修先で会うんじゃねーよとか思っていた
出入口のベンチで二人で座って彼女は静かに30分くらい泣いていた
おれはそれをただ見ていた彼女はずっと謝ってきた
   ユキ「ごめんね・・・・ごめんね・・・」

これが決定打だった、泣きながら謝られたらなにもいえませんわ・・・
帰りの電車で「振られたな~」とちょっとだけ泣きながら帰った

70: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:38:14.83 ID:Pmlt1xtb0
終わったのだ、彼女に振られたのだ、引きこもろうと思ったw

だがまだ終わってはいなかったのだ
そこから1ヶ月おれは連絡を取らなかった、というか終わったと思っていたのだ当然だろう
4月の初め彼女から電話がきた、全く予想してなかった俺はまた
「!!!????!!???!!??!!??」と頭の中がこんがらがった

   1「もし・・・もし?」
   ユキ「ひさしぶり~元気してた~」
彼女は意外にも普通に楽しそうに話しかけてきた、俺はますますわけがわからなくなった
   1「あれ?俺振られたんじゃねーの?????」
聞くのもバカバカしかったが何故電話してきたのかがわからなかった俺は聞かずにはいられなかった

79: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:41:08.78 ID:Pmlt1xtb0
気分を害した方は申し訳ない、スルーしてください
続き

  ユキ「ごめん、あれは違うの・・・いっくんが悪いんじゃないくて・・・私が感傷的になっちゃって」
   ユキ「映画でちょっと考えさせられて、いっくんをずっと待たせてるけど答えが出せなくて・・・」
   ユキ「だからいっくんの事嫌いになったわけじゃなくて・・・」
よくわからんかったが、ようは俺のことは嫌いではないし、
振られたわけじゃないっぽいことは即座に理解した



80: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:41:48.36 ID:Pmlt1xtb0
  ユキ「だから、また遊ばないかな?と思って・・・」
   1「うん、いいよー」
俺は何も考えていなかった、というか考えないようにしてた、
彼女からの答えを聞きたかったのかもしれない
こうして二人の関係は元に戻った

83: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:42:32.66 ID:Pmlt1xtb0
3月の東京から帰ってきたあと俺はちょっと交通事故に遭う
と言っても向こうのBBAが勝手に突っ込んできた
いわゆるカマを掘られたというやつだ、俺に非はなく病院通いになっていた
ただ事故を起こすとめんどくさい、実況見分とかなんやらで・・・

そんな中彼女からの電話だった、精神的、肉体的に参ってたおれは有頂天になった
仕事→病院→家orバンドだけだった俺にオアシスを与えてくれた
ただ彼女の場合恋人ではないから完全なオアシスではなかったが・・・

事故られた時はたいしたことなかったが、その後猛烈な吐き気が襲ってきた
この吐き気は1週間ほど続いた
事故ってきたBBA殺す!!とか本気で考えたりもした

87: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:44:04.83 ID:Pmlt1xtb0
スレタイの意味がわかるのは相当先になります
続き

5月はそんなわけでなかなか会えない日々が続いた
まぁ病院と仕事がメインだったのでバンドや彼女に費やす時間がなくなるのは当たり前だろう

そして首もやっと治り示談が成立した
示談金ってすごい!!
びっくりするくらいのお金が入ってきた!そりゃあ許すわーとか考えた

このお金でユキちゃんと遊ぼう!ユキちゃんを楽しませようと考えていた
ただ俺はミュージシャンだったので楽器を一つ新調した
ワーウィックのベースをw

91: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:45:47.13 ID:Pmlt1xtb0
今まで書き込んだ分で5分の1くらいですかね?



これが納入されるのが6月中旬だった
納入日はwktkが止まんなかった!
いつだって大きい買い物したときはそんなもんだ
ただ納入された日は今でも忘れられない日になった

行きつけの店から電話が鳴った
3つもバンドやってりゃ大体の店は知ってるし顔なじみだ
そこの店もやはり顔なじみでワーウィックもかなり値引いいてくれた

95: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:47:54.96 ID:Pmlt1xtb0
バンドメンバーに「今日からワーウィックだぜー!!楽しみにしてろやー」
と言ってた俺はかなりのハイテンションだった
納入されてから俺はメンツに電話をかけたりしていかに素晴らしいかを力説したw
そんな中電話が鳴った

バンドメンバーが折り返してきたのかと思った
まとめ役もやってた俺はメンツが休んだりするときには俺に連絡が来る
そんなのもあって俺はろくすっぽ相手が誰かも確認せずに電話に出た

96: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:48:12.86 ID:U0ruyKVa0
今日は朝からバイトなのに
気になって寝れない、、、

97: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:48:40.39 ID:Pmlt1xtb0
ハイテンションな時ほど人間て残酷なんだと思う
   1「WRYYYYY~~おい~っ~~す~~」
   1「きーたーぜー!!世界の~~!!ワーウィックーWRYYYYY」
   1「たまんねーよこのボデーwwwwwwww」
   1「なんだよ~~~今日これねーのー?」
   1「せっかくー俺様のーワーウィックがー火を噴くーというのにぃwwww」
火は吹かないんだけどねw

いやマジでこんな感じだったwバンドのメンツだとしか思ってなかったんだorz

99: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:51:06.78 ID:Pmlt1xtb0
電話はユキちゃんだったんだ・・・
   ユキ「・・・ごめんね・・・ベース買うとか言ってたもんね・・・今日だったんだ・・・」
   1「あれwごめん、ハイテンションでwすまん、すげーんだこれwマジですげーんだw」
   ユキ「うん・・・楽しみに・・・してたもんね・・・・・・・・・・・・・」

ここでやっと異変に気づいたんだ、沈黙の長さとか、声のトーンとか
明らかに様子がおかしかったんだ、悲しいことがあった、例えば親類が亡くなったとか
とにかくそう言う感じの暗さだったんだ

ハイテンションて怖いというのはそういう空気に少し鈍感になることだと思うw
   1「おおぅ?どうした?なんかあった?」それでもまだハイテンションw
   ユキ「ごめんね・・・今日練習ってのも知ってるけど・・・すごいこと言っていい?・・・今から・・・あえない・・・かな・・・」
   1「えええ!!??」
   1「どしたーなにがあった?」
   ユキ「ちょっとね、電話じゃ・・・あと一人じゃ処理できなくて・・・」

102: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:53:36.17 ID:Pmlt1xtb0
曲は作ってないです、アレンジとか作曲ですねー

これはただ事ではないというのが電話からひしひしと伝わってきた
彼女はもともとそこまで我が儘をいう子ではなかったし
バンドの連中とも仲が良かった
しかもベースの納入、ライブに向けての練習となりゃ普通の日ではないことは重々承知だろう
そんな中呼び出すんだこれは相当なことがあったに違いない

109: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:56:17.35 ID:Pmlt1xtb0
彼女に電話して迎えに行くことになった
雨が降ってたので彼女の家の玄関先に車を横付けした
車のドアを開けて彼女が入ってくる、そこで俺は事の重大さを再認識した
ユキ「うわああぁぁああぁぁぁぁぁぁぁ」
彼女の中で何かが弾けたんであろう、彼女は泣き出してしまった
1「・・・・・・」
何も出来ないでいた、「どうすりゃいいんだよ・・・」的な状況だった

1「なぁユキちゃん、ここ(家の玄関先)で話すのもなんだろ?」
ユキ「うん・・・」
1「じゃぁちょっと夜景見えるところ行こうか?静かなところ」
ユキ「・・・うん・・・」

111: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:57:21.97 ID:I0aP7vjv0
1の好きなように書けばいい
普通に読めるし気になるから寝るまで見てる

113: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:57:55.81 ID:Pmlt1xtb0
彼女はかなり深刻だった俺が告白するときよりも
伝えにくいことがあるんであろうという感じだった
俺は彼女が語ってくれるのを静かに待った

   ユキ「あのね・・いっくんに今まで返事できなかったのは理由があるの」

   1「理由?」



   ユキ「私ね・・・実は彼氏が・・・いたの・・・」

114: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 01:58:12.50 ID:Qy/96TIy0
>>111
優しいやつだなおい!

123: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:00:01.89 ID:Pmlt1xtb0
普通ならここでどういう反応するかはわからないが
俺はその言葉を聞いてすぐに「で?」と聞き返した

あまりに意外な反応だったからか彼女は笑い出した
そう泣きながら笑い出した
   ユキ「アハ、いっくんらしいやw少し気楽になったよ、ありがとう」
   1「おおう、よくわからんが笑顔が見れたからいいとしよう」

129: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:02:05.38 ID:Pmlt1xtb0
 1「ねぇ彼氏って誰よ?俺知ってる人?」
   ユキ「話ししたことはないだろうけど、同じ職場の先輩」
そいつはガタイのいいDQNみたいなやつだった、シルビアとか乗ってそうなやつだと思ってたら
S13(シルビア)にのってたw

   1「あーあいつかー前に物投げられたわー、嫉妬してたんだな」
   1「で?彼氏がいたんでしょ?それでその彼氏と俺を比べてたんでしょ?」
   
   ユキ「うん・・・ごめん・・・」
   1「なんで?なんであやまるかな?」
   1「俺と付き合ってたら、そりゃ怒るよ、だって俺に隠して二股だもの、だけどユキちゃんは彼氏と俺を天秤にかけてずっと悩んでただけでしょ?
別に問題ないじゃない?なんであやまるの?」
   ユキ「だって・・・だって・・・ずっと待たせたじゃない!!・・・
いいようにいっくんの好きな気持ちをずっと弄んだじゃない!実は彼氏がいたのに!!
彼氏があんまり相手してくれなくて!!
寂しくて!!それでいっくんに甘えてたんじゃない!!あたしサイテーだよ・・・サイテーなんだよ!!」
   1「・・・」


133: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:04:27.60 ID:Pmlt1xtb0
1「ねぇ彼氏って誰よ?俺知ってる人?」
ユキ「話ししたことはないだろうけど、同じ職場の先輩」
そいつはガタイのいいDQNみたいなやつだった、シルビアとか乗ってそうなやつだと思ってたら
S13(シルビア)にのってたw

1「あーあいつかー前に物投げられたわー、嫉妬してたんだな」
1「で?彼氏がいたんでしょ?それでその彼氏と俺を比べてたんでしょ?」
   
ユキ「うん・・・ごめん・・・」
1「なんで?なんであやまるかな?」
1「俺と付き合ってたら、そりゃ怒るよ、だって俺に隠して二股だもの、
だけどユキちゃんは彼氏と俺を天秤にかけてずっと悩んでただけでしょ?
別に問題ないじゃない?なんであやまるの?」

ユキ「だって・・・だって・・・ずっと待たせたじゃない!!・・・
いいようにいっくんの好きな気持ちをずっと弄んだじゃない!実は彼氏がいたのに!!
彼氏があんまり相手してくれなくて!!
寂しくて!!それでいっくんに甘えてたんじゃない!!あたしサイテーだよ・・・サイテーなんだよ!!」

1「・・・」

138: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:05:35.41 ID:Pmlt1xtb0

実際これを聞き出すのにものすごく時間がかかった、ずーっと彼女は泣いてたから・・・
彼女が伝えたいことであろう言葉を一つ一つ繋げたりしないと会話がままならなかったりしたんだ

1「けどユキちゃんは悩んだんでしょ?俺と彼氏と?」
ユキ「・・・うん・・・」
1「じゃーいいよ」
ユキ「ほえw?」
ここで彼女にまた笑顔が少し戻ったw

146: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:08:30.40 ID:Pmlt1xtb0
1「じゃーいいw」
1「二股じゃないし、答えを出せなかったんでしょ?彼氏がどういうやつか知らんが俺のこと好きでいるのも事実なわけだ」
ユキ「うん・・・まぁ」
1「でユキちゃんは俺と付き合わず俺の告白の返事またせただけじゃん」
1「別段問題ないよ、気にしないで」

ユキ「ありがとう・・・けど話はそれだけじゃないんだ・・・」
1「!?」
よく考えたらそうだ、そんな理由では彼女がここまで泣く説明がつかない

ユキ「こっから相当重い話になるけどいい?」


1「ドゾ」

俺は心構えをした















ユキ「あたし・・・不倫してたんだ」


1「!!??」

150: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:09:30.07 ID:Pmlt1xtb0
何を言ってるのか全くわからなかった?
彼氏がいる、さらに不倫相手がいる?
いったいどういうことやねん
頭の中での整理ができないまま彼女は話し始めた
   
ユキ「彼氏いるって言ったでしょ・・・そいつ、実は地元にお嫁さんいたんだって・・・」
ユキ「職場のみんな・・・・みんな知ってたんだって・・・・」
ユキ「あたし、あいつと付き合ってるってみんな知ってたけど、
あいつ(彼氏)があたしに話(結婚したってこと)するからみんなに黙っててって」

151: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:09:40.89 ID:dnrGPVOI0
ぇぇええええ!!!??!

152: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:09:58.71 ID:qaN6kVlk0
ただのビッチじゃねぇか。

154: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:10:44.03 ID:Pmlt1xtb0
ユキ「そんでね今日、会社の上司から呼び出されてさ」
会社の人(部長)(苗字で呼んでるがここではユキ表示)
部長「ユキ、こいつとつきあってるんだろ?」
ユキ「えぇ!?(なんで部長知ってるの?)・・・はい」
ユキ「なんで部長しってるんですか?」
部長「そういう話は大体耳に入るもんだよ・・・」

この時点ではユキちゃんは付き合うな!とか節度を持って、とか言われると思ったらしい

部長「こいつなー去年の暮れに結婚したんだよ・・・」
ユキ「えぇぇ!!???」
ユキ「え?え?え?え?え?え?」
ユキ「どーいうことですか?」
部長「簡単に言うとなユキお前は愛人だったってことになっちゃうんだわ・・・」

157: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:11:37.12 ID:Pmlt1xtb0
ここでユキちゃんは放心状態だったらしい

部長「今回な、お前とこいつの問題で会社では関与するつもりはなかったんだが、あまりにひどいって話でな・・・
んで、こいつに話させようかと思ったが、はぐらかそうとするもんで、事の重要性を教えてやろうと思ってな・・・こんな形になっちゃったんだ」
   
部長「みんなお前らが付き合って1年くらいか?こいつ(彼氏)ここにきたのが1年ちょい前だから・・・」
部長「それでこいつは地元に女いてな・・・婚約してたんだわ・・・」
部長「で去年の暮れに結婚したんだわ」
部長「みんなここ半年ずっとみててユキが可哀想でならないって・・・それで今回俺から説明をな・・・」

160: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:12:35.25 ID:Pmlt1xtb0
てことがあったらしい、これ以降は話が聞ける状態でなかったとか・・・
    
ユキ「そういう話されてさ、もう頭パニックだよ、意味わかんないもん、好きな人がいてさ、彼氏でさ、
寮に行って食事や料理や洗濯とかしてさ、その人が実は妻帯者でしたって」
ユキ「なんだったの!?あたしなんだったの!?田舎の便利な愛人!?」
  

ユキ「去年の暮れって半年も前だよ!!なんで誰も何も言わないの!?
あたしなにか悪いことしたかなぁ?悪いことしたかなぁ・・・」
ユキ「いっくん告白してくれてた時だよ結婚してたのその時期だって・・・言えよ!そしたら諦めてたよ!・・・ふざけないでよ・・・」 

161: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:13:09.76 ID:Pmlt1xtb0
ユキ「いっくんには悪いんだけど・・・彼氏のことが好きなの、去年のクリスマスに告白されたときは彼氏の方が好きで・・・けどいっくんの優しさとか楽しさも好きで、友達でいて欲しかったの・・・だから返事待ってって・・・あたしサイテーなんだ・・・」
ユキ「だけど彼氏がその頃からドンドン冷たくなって、相手してくれなくなって・・・そりゃそうだよね地元で結婚式挙げてりゃ忙しいよね!!それなのに職場のみんな何もいってくれなくて・・・」
ユキ「みんなは私が可哀想だから何も言うなってお達しが出てたんだって・・・」
ユキ「うわぁあああああぁぁ・・・・」

彼女は泣き崩れた、そして俺は納得した、そりゃ話したくもなるわ・・・
ただ彼女の話はここで終わりではなかった

165: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:14:04.61 ID:Pmlt1xtb0
 ユキ「あたしね・・・お母さんいないじゃない・・・」

   1「あーそういえば亡くなったって聞いたな」

   ユキ「あの時ちょっと病気でとか言ったでしょ?」

   1「あーそんなんだったか?覚えがないから、亡くなったって聞いただけかもしれん」

   ユキ「うん、今まで家族以外にこの話してないから、適当に言ったかも」


















   ユキ「お母さんね・・・自殺なんだ・・・」


    


169: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:14:58.15 ID:Pmlt1xtb0
ユキ「お父さんがね不倫しててさ・・・よくある話、取引先の若い女と出来ちゃったの」

ユキ「そんでお母さんはなにかで気づいたんだろうね・・・香水とかさ・・・なんかで・・・」

   ユキ「あたしたちはまだ若かったからさ(1個上の姉がいる)なぁんにも気づかなくて」

ユキ「一人で悩んでたんだと思う・・・主婦であんまりおもて出ない人だったから・・・」

ユキ「普通だったんだよ・・・朝、学校に行ってくるねーって言ったら、いってらっしゃーいって」

ユキ「何にも変わらない!いつもの日常だったんだよ!!」

ユキ「帰ってきたら・・・廊下の奥のところで首吊っててさ・・・」

172: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:16:16.51 ID:Pmlt1xtb0
そう・・・すんげー重いんですよ・・・
続き

彼女は崩れ落ちそうだった、その語りを俺は止めずにはいられなかった
1「もういい!!」
1「もういいよ・・・つらかったね・・・」
ユキ「・・・大丈夫・・・聞いて・・・
彼女は気丈にまた話し始めた

ユキ「あたしね・・・不倫とか横恋慕だけはしたくないの・・・」
ユキ「だってそうでしょ!?お母さん不倫で死んじゃったんだよ!?」
ユキ「だからね、絶対に不倫や浮気はしないようにしてたの・・・」
ユキ「それが笑っちゃうよねw自動的に不倫してるんだもん・・・」
1「ユキちゃん!!もういいよ!!辛いなら・・・もう・・・」
俺も涙していた、彼女の悲しみがものすごく伝わってきた

174: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:17:06.54 ID:ijG4tXsE0
辛いなー

175: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:17:34.06 ID:Pmlt1xtb0
彼女は俺を見て笑顔で大丈夫、話すと首を振った

ユキ「笑うしかないよ!!騙されて!いいようにあしらわれて!」
ユキ「職場のみんなも黙ってて!!」
そう喋って彼女はまた嗚咽した

一呼吸おいたあと彼女はまた話を始めた
ユキ「だから・・・あたし・・・お父さんのこと・・・未だに許せてないんだ」
ユキ「お母さん自殺に追い込んだんだもん、いくら親とは言っても・・・ね」
   
1「わかった・・・俺が言っていいかどうかわかんないが、辛かったな・・・」

178: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:19:09.45 ID:Pmlt1xtb0
そう言った瞬間ユキちゃんが俺に倒れこんできた
倒れ込んで彼女は思いっきり泣き出した
外の雨も激しくなっていた

182: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:20:40.98 ID:qaN6kVlk0
とりあえずワーウィックうpして

183: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:20:58.64 ID:Pmlt1xtb0
彼女が泣き始めて大分経った、20分は泣いていたんじゃないかな?
彼女もだいぶ落ち着きを取り戻していた

1「なぁユキちゃん、聞きにくいんだが今後の展開を聞いていこう、というか決めよう」
1「一つ一つ解決していくか」
1「まず彼氏(旦那)とどうしたい?」
ユキ「あのね、ここまで来るとね、引き下がれないの・・・」
1「!?てことは、旦那を離婚させてユキちゃんが結婚するってこと?」
彼女の口から出た答えは衝撃的だった
   
ユキ「・・・うん・・・」
彼女は静かに頷いた

191: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:23:32.81 ID:Pmlt1xtb0
>>182
スマン実際の機種は別です 特定されないためにワーウィックって書いてるんです、
自分が持ってるベースの次にワーウィック好きだからワーウィックにしました

自分のは特徴ありすぎてすぐにバレちゃう

193: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:24:37.84 ID:qaN6kVlk0
>>191
くっ…そうなのか…そんなに特徴あるのだと尚更見てみたいなw

194: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:24:42.97 ID:Pmlt1xtb0
1「はっきり言ってオススメしない!!」
1「お母さんのこともあるでしょ、相手方の奥さんがそうなっちゃうかもしれないんだよ!?」
1「それでもそういう業を背負ってでもそいつと添い遂げたい?」
ユキ「・・・・・・・・・・うん・・・・・・・」
1「どーしても?」
   ユキ「もうね頭で分かっても・・・体が・・・って感じなの・・・」

このとき俺はこれが成功する確率は相当低いであろうと判断した
というのも旦那は地元か地方に飛ばされるであろうし、
ユキちゃんと関われる距離に会社が配置しないだろうというのもある

うまくいかないのは彼女もわかってはいるんだろう
ただ引っ込みがつかないのもわかる・・・

199: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:26:58.90 ID:Pmlt1xtb0
>>191
シールとか傷とかが特徴的で別段特殊な機種ではないです


1「うまくいかないと思うよ・・・」
ユキ「うん・・・それでもいい・・・」
1「そっか・・・わかった・・・」
   
1「それじゃ、俺とユキちゃんの問題解決しようか!!」
ユキ「えぇ?なに?」
1「おいおいw俺はユキちゃんに告白して返事待ちだぜw」
1「つきあうの?どーするの?w」

答えは出てるのに俺は彼女に答えを聞いた、それがけじめだったからだ
ユキ「ごめん、つきあえない・・・けど」
ユキ「離れないで欲しい・・・一人にしないで欲しい・・・いっくんがいるから頑張れると思うんだ。
ムシのいいこと言ってるのもわかってる、けど・・・けど・・・」


201: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:28:00.46 ID:Pmlt1xtb0
ここで俺は率直な疑問を投げかけてみた
1「なぁユキちゃん、ユキちゃんにとって俺ってどんな存在?」
ユキ「安心できる・・・とても大切な友人?みたいな・・・けど友人、親友なんてものじゃなくて・・・もっとおおきな・・・うまく言えないや・・・」
1「わかった、ありがと」

俺は納得した、彼女にとっての俺はものすごく重要な人物になってる
この旦那の件が終われば俺との関係を見つめ直すだろう
彼女が俺を思う気持ちはもう家族を思う気持ち以上に濃い
不可思議なものになってると判断した

ユキ「だから、あたしの勝手な願いはね、旦那を奪いたい!
いっくんとは離れないで応援されたい!サポートされたい!なの・・・ごめんね勝手で・・・」

205: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:29:57.52 ID:Pmlt1xtb0
1「何度も言うようだが、ユキちゃんは筋は通してるわけだ、二股にしなかったんだから、だからなんにも言わないよ、サポートするし、といっても大したことできないけどね」
ユキ「・・・うん・・・・うん・・・・ありがとう」
彼女は泣きながら頷いた

1「ただねユキちゃん、そいつとうまくいかなかったとき、俺とのこと考えてもらえる?」
ユキ「・・・そりゃ・・・もちろん・・・」
1「告白の返事はそこでいいかwさっき振られる必要なかったなw振られ損w」
ユキ「ごめんねw」
彼女の笑顔が大分普段のそれになってきた

206: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:30:31.45 ID:Pmlt1xtb0
1「じゃあ送るわー」
ユキ「うんw楽しんできてよw」
1「そーだなwいっちょ弾いてくるわーw」
ユキ「こんど聞かせてね」
1「はいよ」

俺は彼女を送った
バンドのメンツは俺に何も聞かなかった、むしろワーウィックがWRYYYYYYYY
って状態だったw

208: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:31:12.73 ID:OzFHXi2w0
追いついた

サキがメンヘラになって人生が狂うと予想

209: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:32:00.63 ID:Pmlt1xtb0
俺は彼女を支えていくことを決意した

彼女は今まで異性から無償の愛を受けたことがなかったのであろうと思った
肉体的、金銭的なやりとりがあるからこそ
男女間の恋愛が成り立っていると思っているのではないか?と俺は判断した

彼女に俺は教えてあげたかった、そんなやり取りなしでも恋愛は成立する
そりゃ俺も性欲はあるのでセクロスしたいのは当たり前だが
ただセクロスはその愛情を確認するためのもので
セクロスありきの恋愛ではないのだ

214: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:33:00.28 ID:Pmlt1xtb0
支えるといっても出来ることは少ない、だが彼女にできるだけの愛情を注ぐことを決めた
とりあえず「彼女との時間をたくさん作ろう!」と決めた
仕事が少なくなってきたこと(委託の運送業だった)もあり俺は仕事を変える事にした
アミューズメント関係の仕事に就いた
仕事を変えるという話を会社にしたところ「お前評判良かったから最後にお客のところちゃんと挨拶いけ」といわれ挨拶に回る話になった

彼女の会社に行くのは正直気が引けたが、個人的に中の様子も気にはなっていた
彼女はその日休みだった、仕方ないのでほかの人たちに挨拶をした
その人達の中に彼女と仲のいい「み~ちゃん」と呼ばれる子がいた
み~ちゃんは彼女の3個下の可愛らしい子でディズニー大好きっ子だった

215: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:34:23.17 ID:Pmlt1xtb0
そんなみ~ちゃんが俺に言ってきた
み~「ユキさんとっても今きつい状況ってしってます?」
1「あぁきいてるよ」
み~「とても大変だと思うけど大事にしてやってください」
1「み~ちゃんいい子だなwそういや俺以外に頼りになる人いないの?」
み~「いないですね、ユキさん1さんのこと相当頼ってますよ、むしろなんで付き合わないか不思議なんですけど」
1「さー?俺が聞きたいわwまぁ今はそれどころじゃないからねw」
み~「今はそうですね、けど落ち着いたら付き合えばいいですよw」
1「彼女がそう言ってくれたらね」
み~「1さんいい人だね」
1「そうそう大概いい人で終わっちゃうんだけどなw」

217: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:35:07.86 ID:Pmlt1xtb0
そんな会話をして帰った、部長とも話ししたかったが部外者なのでやめておいた
そして俺は仕事を変えた

彼女は俺の仕事中に会いたいと言ってくるほどメンヘラではなかったw
そこは非常に助かったw
仕事終わる→彼女に電話→会うorバンド→メシ→解散
平日2,3回はこんな感じになった

話は進展しなかった、どうも旦那と話するどころか接触もままならなかったらしい

222: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:38:43.30 ID:+AK5xGGd0
>>208
不倫の手助けをした1にも責任がふりかかり、ユキはここぞとばかりに1に唆されたと供述、それでも1はユキが好きでユキもズルいのは分かってるけど1とは離れたくない…
結果、1は慰謝料を肩代わりした
その後、ユキと一悶着ありつつユキは病死もしくは自殺
スレ立ては慰謝料を払い終わったか一括で払った際の借金の返済が終わった、それかユキの何回忌だったから記念に

225: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:41:22.13 ID:0DafMQlB0
>>222
すでに>>1が仕事辞めた時点で人生狂ってるぞwww

228: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:43:26.28 ID:Pmlt1xtb0
>>225
その発想はなかったw

7月の後半に彼女の誕生日が来る、今度はPINGAちゃんをプレゼントする話になった
というか請求されたw

   ユキ「ねーねープレゼントはPINGAちゃんをry」
   1「はいはいw」
この頃になると彼女はもう泣くことも少なくなっていた
余裕が生まれたから聞けることも増えた

231: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:45:01.01 ID:03PHbVWn0
>>228
最後はTENGAちゃんを>>1にプレゼントしてこれを私だと思ってと言われるパターンね分かります

235: 名も無き被検体774号+ 2012/08/31(金) 02:47:26.79 ID:Pmlt1xtb0
>>231
TENGAちゃんならEGGでオナシャス

続き

もう既に吹っ切れてる様子だったが彼女はまだクソ旦那から終わりを告げられていないので
関係を断ち切れてはいなかった、
なにか踏ん切りをつけたかったのだろう、
クソ旦那から「奥さんの方が大事、お前は悪いけど遊びだった」
的なことを心のどこかで言われたかったんだと思う

その②はこちらです


ピックアップ: 名無しの日本人難民 2222/22/22(日) 22:22:22.22 ID:n-nanmin

【クソ嫁】オレにGPS携帯を持たせた嫁の狙いは、他でもなく自分の浮気の為!!間男と嫁には前科があり、あまりの性悪っぷりに怒りと悔しさで手が震えた…

帰宅すると嫁が間男とオムツプレイ中で、その間子供は別室に軟禁されていた…オレが口を滑らせてしまったせいで、嫁実家が崩壊する大惨事に…

フリンが横行する嫁の会社の下半身事情がエグすぎた…『社内妻』という言葉ある程のドス黒さで、オレは徹底的に争う事を決意!!①

【衝撃】俺の嫁が覚●剤の常習で逮捕された…連行された妻は自傷行為を始めたらしく、酷い状況。『どこにそんな金』がと思ったが、衝撃の事実が…

【衝撃】嫁が失踪!調査すると、なんと嫁は間男と『二重生活』を送っていた。オレは子供を守っていくと決意し、徹底的に追い詰めようと…①

【感涙】托卵の娘を俺一人で育て、先日嫁に出した。 両家顔合わせの席で、娘の生い立ちについて全てを話した…すると、相手の両親は…

【壮絶】「え!?嘘なんで!?開かない!」嫁と間男が俺の書斎で真っ最中だったので、外から鍵をかけた。が!鍵をなくしてしまったwww

【緊急事態】クズ男はオレの嫁に寄生し、預金を吸い尽くし、車までクズ男の名義に変更されていた。只一つの救いは嫁と間男の知能の低さww

【絶対に許すな!】「娘子ちゃん…毎日すっごい泣いてるわよ?奥さんネグレクトしてない?」 それもそのはず嫁は間男とのアンアンに夢中で…

↓↓おすすめリンク↓↓

【意味不明】エレベーターの開くボタンを押して、オレをチラ見する女。『あの、早く降りてくれませんか?』と…意味が分からず無視していると…

【タヒんでくれ…】激務続きの月末の社内、新人社員が床でゴソゴソ…『何やってんの?』と聞いた、次の瞬間フロア全体が絶望に包まれた…

【晴れの日なのに…】式場の火災報知機をライターで炙った新郎友人。当然、スプリンクラーが作動し、ずぶ濡れになった新郎新婦と親族は…

【気の毒…】新郎と実妹の気持ち悪すぎる兄妹愛を見せつけられ、高砂の新婦は凄まじい表情でシャンパンを飲んでいた…

【イカレてる…】異常なほど甘やかされて育った甥っ子は、『知的障.害』を疑うレベルだった。それを聞いた義弟嫁はヒステリーをおこし…

【オレに罪はない!】学生の時に無料のWEBサービスを作った。ハードの維持に限界が来たので停止したら、利用していた会社が潰れてしまった…

【誰か、助けて!】当方、父子家庭なんだが、4歳の娘が自.慰行為をするのが癖になってしまった。オレはどうしたらいいのだろうか…

【超クズ】万引きで捕まった息子が、同級生の名前を騙り、K察沙汰になってしまった。相手親の追い込みが凄まじく、本当に勘弁してほしい…

【毒親…】家族全員高身長なのに、大学生の息子だけ165cmで止まってしまった。私は普段から『170以下はガイジだ!有り得ない!』と暴言を吐いていて…

【キチ男降臨】オレは朝ご飯の9割を残していたら、嫁が朝ご飯を作らなくなってしまった。これって、嫁の仕事を怠ってるよね!?

↓↓おもしろ動画リンク↓↓

愛知県の高校ヤバすぎ。教室で先生に暴力をふるう生徒のビデオが炎上寸前状態に。

これは奇跡のハプニングが撮れたwww旅行者がオランダの露店でハーリングを食べようとしたところ・・・。



この記事も読まれています


最新ヘッドライン!

コメント

    • 1 名無しの難民
    • |2014年10月14日 19:38 ID: vjaXwKyk0
    • まだ続きあるのか?
      屑女に翻弄された自称物分かりのいい風のあほ男じゃないか・
      あ、まああほ男と屑女がくっつく展開にするんならお似合いだけど人類に迷惑だな。
    • 2 名無しの難民
    • |2014年10月14日 21:54 ID: 1.Ze9WzC0
    • 何が壮絶だ!ふざけるな!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

日本人_難民。について

狭い日本の狭い心のあんな事やこんな事。まさに日本人難民。。という事で、当ブログは復讐ネタ、キチママネタ等主に生活ネタを中心にした読み物ブログになります。

日本人_難民。の最新情報をゲット!

いいね!して
最新情報をゲット!

おすすめリンク
アーカイブ
最新コメント
・直近3日間のアクセスを集計しています。
・アナリティクスでの集計も別途行なっております。