最新ヘッドライン!

スポンサードリンク

【コワすぎ!】大学近くの一軒家を家賃1万で借りれた→台所に大きなお札が貼ってあり、邪魔で剥がしたら、奇妙が出来事が頻発し出した…

270: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/03 17:01

人間、気が付かないって言うのはホントに幸せな事で・・・

学生時代、大学の近くの一軒家を借りてそこに住んでいた。
その一軒家は母屋が2階建てで1階と渡り廊下で繋がって
いる離れがあった。だいたい敷地面積はだいたい60坪くら
いの一軒家。
僕はその離れを個人部屋にした。母屋の各部屋は倉庫代わり
にした。母屋に用があると言ったら炊事、入浴、用足しぐらい
だった。

 入居当日、僕は台所に貼ってあった大きなお札(仏像の絵と
呪文らしきものが書いてあった)を、邪魔に思いはがしてしま
った。それから妙な事が続いた。夜になると、母屋の階段を

「タンタンタンタン・・・」

と2階へ昇っていく足音が聞こえるようになった。その家には
離れの部屋に僕しか住んでいないのに・・・

271: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/03 17:02

 また、母屋から渡り廊下を

「ペタ、ペタ、ペタ・・」

と、僕の部屋になっている離れに誰かが近づいて来る足音と、
離れの僕の部屋の扉を

「トントン」

とノックする音が聞こえたりした。僕はてっきり友達が遊びに
来たんだと思い、「はぁ~い!入って来いよ」と返事をした事
も一切ではない。
あと、離れの部屋の外の庭を

「ジャリ、ジャリ、ジャリ・・」

と歩く足音を聞いたり、離れの自分の部屋に引いている電話に
雑音が入り出したり、留守電のテープの中に女の人の声で

「・・・・・・・・ふふ・・・・」

って言う笑い声だけが入っているのがあったり、庭から離れの
僕の部屋の窓を

「ゴリゴリッ ゴリゴリッ」

と無理矢理こじ開けようとする音が聞こえたりした。

272: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/03 17:04

 また、その離れの部屋で寝ていると、金縛りにあって、胸のあ
たりを押しつけられているような感覚に襲われ、あまりに苦しい
ので目が覚めると、寝汗がびっしょりなんて事もあった。
この金縛りだけは頻繁にあい、胸を押さえつけられるバージョン
と、両足首を捕まれるバージョンの2種類があった。

ここまでパーフェクトに心霊現象を経験しているにも関わらず、
僕は全くこれらの現象を心霊現象だと気付かず、卒業までその一
軒家に普通に住み続けた。別に僕が剛胆だとか勇気があるとか
そういう話ではない。どちらかというとかなりヘタレな方だ。

273: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/03 17:05
 例えば、階段を上がって行く足音が聞こえた時は、
「この家のお隣さんの階段の音が聞こえたんだろう」と思っていたし、
母屋から離れの廊下へ近寄ってきて、ドアをノックした音は
「友達の誰かがいたずらしたんだろう」と思っていたし、
庭を歩く音が聞こえたのは
「野良犬が入り込んできたんだろう」と思っていたし、
部屋の窓を開こうとする音は
「猫がさかりついてるんだな?」ぐらいに思っていたし、
金縛りあって、胸を押さえつけられて苦しかった時は
「人間、タバコを吸い過ぎるとこんな風になるんだな」と
思っていたし、足首を捕まれた時は
「最近、運動不足だしなぁ、足首って凝るとこんな感覚に
なるんだー、まるで誰かに足首を捕まれているみたいだなー」
と思っていた。
電話の雑音が入った時は、NTTのサービスマンを呼んで
点検して下さいって言ったし(当然なんの故障もなかった)
女の人の声で笑い声が聞こえたのは、ただのいたずら電話だと
本気で思っていた。
274: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/03 17:07
 僕があれは心霊現象だったんだ、と気付いたのは卒業して
その一軒家を引き払った後の事。
仲の良い一年下の後輩が、僕の次にその離れの部屋に入居
した。2月に僕の卒業式が終わって、4月に僕は入社し、5月の
GWにその後輩の所に遊びに行ったら、後輩が涙目で僕が4年間
経験し続けた、上記したような現象がほぼ毎晩起こる旨を僕に訴
えた。
276: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/03 17:08

後輩「夜、階段を上っていく音が聞こえるんすよ」
自分「あぁ、お隣さんの階段の音だろ?」
後輩「お隣さんの家って平屋っすよ?」
自分「・・・」
後輩「夜、庭を歩く音がするんすよ?」
自分「犬が入り込んできてるんだろ?」
後輩「2本足の足音でしたよ?」
自分「・・・」
後輩「金縛り状態になって、胸や足首を押さえつけられたり
するんすよ」
自分「タバコ吸い過ぎ、あと運動不足」
後輩「自分、タバコ吸わないんすけど?」
自分「・・・」
後輩「あと、夜になると母屋からここまで足音が聞こえてきて
この部屋の扉をノックする音が聞こえるんすよ」
自分「だれかにいたずらだろ?」
後輩「母屋の玄関、鍵閉まってるんすよ?」
自分「・・・」

今思えば、ブルブルもん。どうして気付かずに4年間も
平気であの一軒家に住めたんだろう?今思えば、家賃が
1ヶ月で1万円だった時点でおかしいと思うはずなのに・・・・

ちなみに後輩はソッコーで他のアパートに引っ越しました。
その時、お札をはがした事は言いませんでした。つーか忘れて
ました。みなさん、お札ははがしてはいけませんね。 テヘッ

 

278: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/03 17:37

>>270は幸せだったってことでしょう。
安い家賃で学生時代過ごせたんだしね。
知らないでいる事が幸せなんだろうね。

281: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/03 22:30

まさか霊も270みたいな奴が来るとは思わなかっただろう。

282: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/03 22:59

いやまてよ。270は自分から原因をつくったんだから自分で後始末すべきですよ。

この記事も読まれています


コメント

  1. 名無し

    じっさい安普請だと外の音がそのまま中まで響いてくるからなあ

  2. 名無しさん164979

    百鬼夜行抄のおばあちゃんみたいな人だな 一切認識しないことで害を受けない あでも音とかちゃんと聞いていたしある種の防衛反応だったのかな

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

最新ヘッドライン!