最新ヘッドライン!

スポンサードリンク

5教科の合計が50点の塾生がいた。ゲームが彼の趣味だったので、ゲーム感覚で接したら、凄まじい効果を発揮した…

545: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/04/27(水) 10:23:59.35 ID:3CiYBFDl

うちの塾に何度叱っても全く宿題をやらない子Aがいた
かと言ってやる気がないかと言えばそうでもなく、出席率は高い

545: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/04/27(水) 10:23:59.35 ID:3CiYBFDl

親もモンペではなく、どこでもいいから高校に合格できれば…
と藁にもすがる思いで塾に通わせている感じだった

とはいえ、五教科500点満点で合計50点しか取れないAを伸ばすのは容易じゃない
特に中二ともなると英語は過去形・未来形・比較級・最上級、、、
数学は連立方程式・一次関数・証明、、、と中ボスがウジャウジャ立ちはだかってくる
その子の結果は言わずもがな

さて、当時のカリキュラムでは中二数学の最後は「確率」
それまでの証明問題の難問まではこっちも気を緩めることなくビッシバシやるんだが、
それに比べるとこの「確率」なる分野は脳の使い方が全然異なる
少なくともここで一旦緊張の糸を緩めてやらないと、生徒たちも精神的にもたない

Aの趣味はゲーム
ハードを何台も所有し、その方面の友達付き合いは大勢いたようだ
ちょっとAに合わせてやろうかな、、、と「確率」を教えるにあたってこっちはゲーム感覚で接した
そしたら、、、Aの目が目茶苦茶輝いてきた
信じられないことに、授業中誰よりも速く挙手して正答を連発した
その姿を見て俺も周りの生徒も「おおおおおおお!!」と拍手喝さい、照れ笑いのA
結果、Aはその後のテストで自己最高点を記録した
そして一年後、Aはなんとか地元の公立高校に合格した
今では工業大学を受験すべく、「得意な」数学を猛勉強しているとのことだ

いつの時代も子供は無限の可能性を秘めているものだ
こっちが与えられるのはほんの僅かなきっかけだけ
それを自分のものにし、自分の中で育ててくれた生徒は本当に嬉しい

 

546: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/04/27(水) 10:36:00.24 ID:5QSopI37
こういう教師が一番いいんだよね
久しぶりにスーッとした

この記事も読まれています


コメント

  1. 名無しさん175181

    ポケモンやるのに数学は必須やしな

  2. 名無しさん175182

    授業中に拍手喝采ってどういうことだよ

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

最新ヘッドライン!